かれこれ20年ほど前かな…。業務用車両としてステーションワゴンが1台欲しくて、色んなメーカーのワゴンを試乗しまくった時期があった。そこで出会ったのが、SUBARUの2代目レガシィ・ツーリングワゴン(BG)。『これ、面白いやん!今からの時代はコレやろ!』って、頭の中のスイッチがONになった感じだったね。

 初代のBC・BF系は、“無理やり乗用に仕上げた商用ワゴン”って感じの無骨さが拭いきれなかったけど、2代目レガシィはエクステリアもインテリアも、もちろん操安性も、きちんとミドルクラスの乗用車に仕上がっている。しかも、セダンやクーペじゃ絶対に真似出できない、マルチユーティリティ性も兼ね備えている。『これなら、AudiやBMWのステーションワゴンと競える、デザインの仕上げ方次第で、欧州ワゴンを追い抜ける』と直感した。その瞬間から、「CORAZON」の開発構想がスタートしたんだ。

決して流行に左右されないこと、クルマ本来のポテンシャルを絶対にスポイルしないこと、そして何より、誰が見ても“カッコいい、洒落ている”と感じるデザインに仕上げること…。SUBARU専用パーツを開発するにあたって、僕のコンセプトは明確だった。

実際にSUBARU車に乗っている人たちにヒアリングして判ったんだけど、SUBARUオーナーって、“普通じゃイヤだ、自分っぽい乗りこなし方をしたいんだ”っていうタイプの人が多いんだよね。だったら我々だって、SUBARUならではの個性をきちんと引き出し、さらに昇華させることのできるパーツを作らなければならない、SUBARUオーナーのハートをガッチリと受け止めて、「CORAZON」というひとつのカタチにして見せなければならない…。その想いが、僕をはじめCORAZON開発チーム全員を突き動かしたと言えるだろうね。 

おかげさまで「CORAZON」ブランドは、日本以外の国からもリクエストが来るようになった。言語も通貨も、クルマに対する価値観も違う海外で、これだけの評価をいただける最大の理由は、やっぱり「ハート」だと思うよ。『普通じゃイヤ、自分っぽく乗りこなしたい』という世界中のスバリストたちのハートを、開発チーム全員の心で受け止め、CORAZONという形にする。言い換えると、心と心のキャッチボール…ってニュアンスかな。

ちなみに、ブランド名の『CORAZON』はスペイン語で「心」の意味。どんなクルマにでも合う、当たり障りの無い汎用パーツなんかじゃなく、SUBARUを愛する人たちのためだけに、心を込めてデザインし、製作する。CORAZONのパーツひとつひとつに、僕らのそんな「心」が入っているんだ。

会社概要
cohp1
※上記写真はアンテナショップ(現在は閉店中)
会社名 株式会社ラブラーク CORAZON事業部 
所在地 〒536-0004 大阪府大阪市城東区今福西5-4-25(本社)
TEL 06-4258-0416
FAX 06-4258-0415
URL https://www.corazon-world.com
業務内容 自動車アフターパーツの企画、デザイン、開発及び製造販売

 

お問い合わせ

株式会社ラブラーク CORAZON事業部
〒536-0004
大阪市城東区今福西5-4-25
Email:corazon@lovelark.com
TEL 06-4258-0416
FAX 06-4258-0415
営業時間:10:00~18:30
定休日:第2第4土曜日/日曜/祝日
※土日祝日のお問い合わせの返信は翌営業日となります。

CORAZON-OSAKA
(アンテナショップ)
の営業日はコチラ

コンテンツメニュー

エアロパーツを取り付けるメリット
ホイール洗浄について
マフラーの素材と特徴
スバルについての基礎知識
テールランプの役割について
エアロパーツを選ぶポイント
ホイールが担っている役割
マフラーのチェックポイント
ステアリングの点検について
テールランプの交換手順

  • ACCESS COUNTER

    • 7247433総訪問者数:
    • 397今日の訪問者数:
    • 541昨日の訪問者数:
    • 2現在オンライン中の人数: