ステアリングの点検について

ステアリングは、車の操舵装置です。運転席のステアリングホイールからシャフト、ギヤボックスからラックエンド、タイロッドからタイヤへとつながっています。また、ステアリングの労力を軽減するために、パワーステアリングシステムも備わっています。ここで、ステアリングの点検についてご紹介します。

● ステアリングが悪くなると

まず、直進性が損なわれます。カーブを曲がった後に直進に戻らない・悪い路面でハンドルが不安定になる・ハンドルが重いなどのトラブルが生じます。また、ハンドルがガタガタ鳴る・極端に重くなるなども起こります。直近でハンドル(ステアリングホイール)のパーツを取り付けた場合は、もう一度確認することをおすすめします。

 

● ハンドル操作

車を直進してハンドルの曲がり具合・異音の有無・ハンドルが滑らかに回るか・カーブから直進状態に戻るか・直進から左右どちらかに曲がるか・ハンドルのがたつきなどをチェックします。また、直進状態のハンドルが水平になっているかも点検します。

ステアリング不具合の原因としては、パワーステアリングシステムのトラブル・シャフト・ジョイント・ラック・ビニオンなどの緩みが挙げられます。不具合が起こる場合は、メーカー修理工場などで相談してみましょう。

● パワステフルードの確認

油圧式のパワーステアリングシステムは、エンジンからのベルトでポンプを回し、その油圧を利用してステアリング操作に役立てています。この油圧に必要な専用液を、パワステフルードといいます。エンジンオイルの点検と同様に、温かい時にパワステフルードの点検を行います。

POWER STEERING FLUIDと書かれたリザーバータンクを確認します。パワステフルードが走行後ならHOT、走行前ならCOLDというラインまで入っていれば大丈夫です。ラインに達しない場合は、液漏れが考えられます。

CORAZONでは、スバルメーカーのパーツを通販にてご提供しております。ステアリング・エアロパーツ・エンジンカバー・サスペンション・ドアロックチェッカー・マフラー・アルミホイール・LED・アクセサリーなど、多数販売しております。スバル専用パーツのご相談は、お気軽にお問合せください。

お問い合わせ

株式会社ラブラーク CORAZON事業部
〒536-0004
大阪市城東区今福西5-4-25
Email:corazon@lovelark.com
TEL 06-4258-0416
FAX 06-4258-0415
営業時間:10:00~18:30
定休日:第2第4土曜日/日曜/祝日
※土日祝日のお問い合わせの返信は翌営業日となります。

CORAZON-OSAKA
(アンテナショップ)
の営業日はコチラ

コンテンツメニュー

エアロパーツを取り付けるメリット
ホイール洗浄について
マフラーの素材と特徴
スバルについての基礎知識
テールランプの役割について
エアロパーツを選ぶポイント
ホイールが担っている役割
マフラーのチェックポイント
ステアリングの点検について
テールランプの交換手順

  • ACCESS COUNTER

    • 7159173総訪問者数:
    • 136今日の訪問者数:
    • 510昨日の訪問者数:
    • 2現在オンライン中の人数: